宮城県仙台市|司法書士・債務整理(過払い金返還請求)、相続登記、敷金返還請求などの法律相談は本郷司法書士事務所

司法書士本郷事務所ホーム
債務整理
任意整理
自己破産
債務整理の手法と比較
債務整理過払金請求費用
債務整理メニュー
相続による不動産の名義書換
会社設立登記
敷金返還請求
遺言書作成
離婚協議書・養育費協議書作成
成年後見開始
金銭の回収
契約書・公正証書作成
悪質商法の既払い金返還請求
その他の費用について
借金の知って得する知識
個人情報保護方針
求人情報
本郷司法書士事務所案内
司法書士本郷事務所お問い合せ


本郷司法書士事務所


宮城県仙台市青葉区木町通1-1-11
朝日プラザ北一番丁 709

TEL.022-223-3645
FAX.022-223-1160

土日祝休業
但し
留守番電話にて受付あり

業務時間 8:45〜18:30

地下鉄 勾当台公園駅
より 徒歩8分
任意整理の費用について
過払金返還請求の費用について

任意整理等の報酬費用について


任意整理等の報酬費用は、細かな点を含めると弁護士事務所や
司法書士事務所によってまちまちです。
当事務所では、お客様からよく質問されることをもとに具体例をあげて、
当事務所の任意整理の費用を考察してみました。
なお、ここに記載した任意整理の費用は、消費者金融業者等の貸金業者を対象にしています。



※消費税別


■パターン1

消費者金融系ABC3社から借入している場合


3社なので各20,000円×3で60,000円
上記が費用になります。
ただし、完済している会社は20,000円はいただいておりません。


ここでお客様に質問されるのは?


(1)法律相談料は?


  任意整理は当事務所とお客様が契約して、開始されます。


     その際、原則当事務所へ来ていただくのです
     (特別の事情ある方は郵便で契約可)が、


その場で契約していただいた場合、当事務所では法律相談料はいただいておりません。


(2)現在ABC3社あわせて200万円の借入があるのだが、
法定利率に引直し計算をした結果、
債務がABC3社あわせて100万円になった。

法定利率に引直し計算した結果
 100万円減った分の14%の14万円が報酬?


  当事務所ではいただいておりません。
  14%とはあくまでお客様へ、ABCから過払金としてお金が
 お客様へもどってきた場合の14%です。なお、法定利率に引直し計算をした結果
 の債務残高を、さらに、交渉して減免させた場合は、その額の10%を報酬額
 とします。


(3)A社からは10万円の返還を受けた。法定利率に引直し計算をした結果、
   B社は100万円の借入が50万円に減った。
   C社は50万円の借入が40万円に減った。
   全部の費用は?


    最初の着手金60,000円に、
    過払いになったA社の10万円の14%ですから
    14,000円を加えた合計74,000円が
    当事務所の着手金と報酬金を合計した費用になります。


(4)切手代等の実費はとるのですか?

  当事務所ではいただいておりません。



パターン2

過去、消費者金融系ABC3社から借入していて、3社とも、9年ほど前に完済して、今現在は取引がない。最初に費用が必要ですか?


ここでお客様に質問されるのは?


(1)最初に費用が必要ですか?


 完済している会社の着手金はいただいておりません。


   (2)司法書士が交渉の結果、ABC3社3社から合計100万円の返還を受けた。
   結局、司法書士にはいくら報酬を払う必要がありますか?


    100万円返還を受けた分の14%の14万円が報酬になります。
   
   

■パターン3

お客様が消費者金融系A社から200万円借入していて、当事務所へ債務整理の依頼をすでにしていたとします。
法律上残高は無くなり逆に100万円の過払い金が発生していますが、A社は過払い金50万円戻すことで和解したいと司法書士にいっています。


そこで司法書士はお客様に裁判にかかる着手金を出しても
裁判をしたほうが得と考えるときに裁判にしてみたらと・・・・
(お客様の同意なく裁判を行うことはありません。なお訴求元金が140万円を超える場合、裁判書類作成援助になります。)


ここでお客様に質問されるのは?


(1)裁判にかかる費用は?


  裁判には司法書士への着手金の他に裁判所に印紙代と切手代がかかります。
  訴訟額が100万円なら1万円、200万なら1万5000円というように裁判所へ納める
  印紙が増えていくしくみになっています。今回の場合は1万円の印紙代と切手代がかかります。

  


司法書士への訴訟着手金については、裁判をおこす金額によって違ってきます。
  具体的には当事務所では、
  ・請求額が、おおむね70万円未満なら60,000円程度
  ・請求額が、おおむね70万円から120万円未満なら90,000円程度
  ・請求額が、おおむね120万円から230万円未満なら120,000円程度

  の訴訟着手金(裁判書類作成料)がかかります。

  


(2)裁判をおこすための費用はすぐ支払わないといけないの?


  当事務所では費用を実際お客様へ過払金として戻ってきたお金から差し引く形
  とっておりますので、お客様の持ち出しになることはございません。


その他の債務整理の手法や費用について >>



TOへTOPへ

 copyright (c) 本郷司法書士事務所 All Right Reserved.